Lachini Vineyards

lachini_main
ラッキーニ・ヴィンヤーズは RonaldとMarianne Lachini夫妻によって1998年に設立されたワイナリーで2001年に最初のワインをリリースしました。
「ブドウ園がまさにワインそのものである」という信念の元、ウィラメット・ヴァレーの最北のサブアペラシオン、チャハレム・マウンテンズにある18ヘクタールの自社畑を丁寧に育て上げ、世界品質のピノ・ノワールを作ることを目標としています。
そのためのテースティングには余念がなく、グランクリュやプルミエクリュの伝説的ブルゴーニュワインから、新しいピノ・ノワールの産地である、カリフォルニア州ノースコーストのソノマ・コースト、ラシアン・リヴァー・ヴァレー、セントラル・コーストのサンタ・リタ・ヒルズ、オレゴン州のダンディー・ヒルズ、ニュージーランド等々、さらにはバローロ、バルバレスコにまで及びます。

ラッキーニ・ヴィンヤーズのワインはその高品質さにより、アメリカでミシュラン3星を獲得している、ダニエル、パ・セ、フレンチ・ランドリーや、ザガット・サーベイで常にトップクラスの評価を得ているグラマシー・タヴァーン、そしてエル・ブリが閉店した後、次世代レストランの象徴であるシカゴのアリネアなど様々な著名レストランにオンリストされています。

またラッキーニ・ヴィンヤーズは、多くのオレゴンの仲間たちとともに将来のことを考え、有機農法を実践し、土地、水、環境そして健康や野生動物たちに最小限のダメージしかもたらさないようサステイナブル農法に力を入れてます。