Substance

substance_main

サブスタンスは、ウォーターズ・ワイナリーのJason HuntleyとJamie Brown,そしてグラマシー・セラーズのGreg Harringtonの3人によって2007年に始められたプロジェクトです。ワインに興味を持つ若者たちに、低価格で質の高いワインを提供しワシントンワインを紹介することが目的です。
ラベルも若者を意識した、ブドウの品種を略した文字を元素記号に見立て黒地のバックに白い文字をあしらったシンプルかつ洗練されたデザイン。
ホームページを覗くと、そのラベルがまさに元素記号の表のようになっていて一見の価値ありです。
自然なワイン造りを目指し、今までのやり方をやみくもに踏襲せず、本来あるべきワインの姿は何かをあらゆる手段を使って追求しました。
そして、アイテム数を増やす代わりにブドウ品種ごとのワインを造ったのです。
白は、シャルドネ、ヴィオニエ、ピノ・グリとリースリング。
赤は、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、マルベック、シラー、そしてクノワーズ(シャトーヌフ・デュ・パプの赤ワインに使用可能な13種類のブドウ品種のうちの一つ)という超マイナー品種のワインもリリースしました。

現在、年間で約1万ケース生産しています。