Oak Ridge Winery

オーク・リッジ・ワイナリー
ローダイで80年以上に渡りワインを造り続けてきたオーク・リッジ・ワイナリーは、現在12,000エーカー(4,800ha)以上の自社畑を所有し、世界で最も広いジンファンデルの畑を持つワイナリーとしても知られています。
シエラ・ネヴァダ山脈の麓とサンフランシスコ湾に挟まれたローダイは日中暑く、朝夕サンフランシスコ湾からの冷涼な風が吹き込んで気温の低くなる地中海性気候で、世界的に見てもブドウ栽培に最適な土地です。そこでジンファンデルをはじめ、多くのブドウ品種の栽培が行われ、現在ではカリフォルニアでもトップクラスの品質を誇るブドウ生産地として確固たる地位を築き上げました。ジンファンデルの畑には樹齢120年を超える畑も存在し、今でも貴重な房を毎年実らせています。
現在のオーナーである、ルディ・マッジオとドン・レイノルドは、ワールドクラスのワインを造る為の新しいコンセプトから考えて、ワイン造りに情熱を注いでいます。ローダイ初のティスティングルームをオープンして、消費者へのアクセスも積極的に行い近年多くのブランドを生産しています。Gnarled VineとOLD SOULはそれを代表する2ブランドです。
 
 
 
 
 
Gnarled Vine
ナ-ルド・ヴァインのブドウの果実は時間をかけて少しずつ成熟します。直線的に植えられた近代的な新しいワイナリーのブドウとは違い、株仕立てで育てられた古い樹はねじれて見るからに力強い印象です。特に樹齢50年以上のジンファンデルのブドウは、複雑な味わいと濃い味を出しています。また、シャルドネやカベルネもコストパフォ-マンスに優れ、かつ非常にバランスが良く好評です。
 
 
OLD SOUL
“古い魂”。その名の通り、オーク・リッジの古いブドウの樹は、見識、強さ、そして安定を恵む特別な魂のようなものです。 最も豊かで、最も強い、何世代にもわたる果実は、古いブドウの樹から収穫されます。 古い魂の深い根は干ばつに耐え、そのブドウは均等に熟し、ジュースは凝縮した複雑な風味で、バランスが取れています。古い魂は永遠に続きます。一口飲めば、あなたはその歴史の一部となるでしょう。